So-net無料ブログ作成

「水彩スケッチ」の教科書 [水彩画]

某地方の大学の教育学部美術科を出たものの、教師にならずに

人里離れた山の中で「デザインやイラスト」の仕事をしている山さんです。

水彩画から似顔絵、看板、巨大人形、モニュメント、グラフィックデザインなどの仕事で生計を立てています。



イラスト&水彩画、油絵など、絵の基本はどれも同じです。

物を正確に見てそれを再現する力と、それを自分なりに表現・アレンジして違う形に再現することで、作者の個

性が生まれてきます。



この記事は特に初心者の方や、今から水彩画などの絵やイラストを描いてみようとしている方に向けて書いています。

あなたの「絵の上達」の参考になれば幸いです。


「水彩スケッチ」の教科書




人気画家・野村重存が「水彩スケッチ」のコツをわかりやすく徹底解説していて、
初めての人にも、思うように描けないと悩む人にも必ず役立つ、水彩スケッチ入門書になっています。

【3つの特徴】
(1)圧倒的にわかりやすく「水彩スケッチ」の技法を解説
テーマにあわせた描き方、ポイントとなる筆の使い方や塗り方を拡大写真で紹介。
スケッチから着色までの連続写真など、「水彩」スケッチの基本を圧倒的にわかりやすく解説する。

(2)描き方・着色技法が身につく新型ドリルつき
巻末のドリルでは「身近な静物」「一本の木」「古民家」「町並み」「山」「渓流」「人物」の
描き方と着色技法をお手本を見ながら実際に練習できる。

(3)充実した用具レビュー特集
用紙や筆、絵具などの使い方、それぞれの種類による違いや特徴を紹介。
今までの入門書にない詳細な解説が、あなたの描きたいテーマにあわせた道具選びを可能にする。

趣味をイチからはじめたい!大人のための教科書シリーズ


野村重存「水彩スケッチ」の教科書 (趣味をイチからはじめたい!大人のための教科書シリーズ)

野村重存
1959年東京生まれ。88年多摩美術大学大学院修了。現在カルチャー講座の講師などを務める。

他の著書




たった10日でうまくなる「水彩画」の基本 風景を描くコツと裏ワザ



野村重存「なぞり描き」スケッチ練習帳




DVDでよくわかる三原色で描く水彩画 DVD付

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0