So-net無料ブログ作成
検索選択

平均年齢64歳が大満足!グングン上達する水彩画講座とは? [水彩画]

某地方の大学の教育学部美術科を出たものの、教師にならずに

人里離れた山の中で「デザインやイラスト」の仕事をしている山さんです。

水彩画から似顔絵、看板、巨大人形、モニュメント、グラフィックデザインなどの仕事で生計を立てています。



イラスト&水彩画、油絵など、絵の基本はどれも同じです。

物を正確に見てそれを再現する力と、それを自分なりに表現・アレンジして違う形に再現することで、作者の個

性が生まれてきます。



この記事は特に初心者の方や、今から水彩画などの絵やイラストを描いてみようとしている方に向けて書いています。

あなたの思い描く「絵の上達」の参考になれば幸いです。


グングン上達する水彩画講座




「年齢を重ねても、趣味を楽しみたい。」

「趣味があるから、毎日に張り合いが生まれる。」

そんな、方のぴったりの、人気の講座があります。



今、50代~80代の大人に人気の趣味があります。

それが、水彩画講座です。

絵を描くということは、脳にも良い刺激を与えてくれます。

ものを見て、正確に形や色を捉えて再現していく、という
作業は脳の様々な機能を使うそうです。

視覚もですし、記憶力、手を動かす、などなど。

ですから、脳トレに塗り絵をされている方も多いとのこと。


さらに、絵を描くというのは、セラピー効果もあるそうです。

色彩豊かな絵を描いていくことで、心が癒やされるようです。


同じ趣味を持つなら、脳にも心にも良い、水彩画がオススメです。



でもなぜ、油絵や日本画、色鉛筆などではなく、水彩画を
オススメしたいのかというと・・・。

油絵はいかんせん、準備も大変ですし、後片付けも水では
筆を洗えないので大変です。

油の処理もありますし、ちょっと一大事になりますよね。

日本画は、いかんせん材料がとても高額です。

高価な顔料という絵の具を使用するので、
絵の具代だけで大変なことになるそうです。

色鉛筆はお手軽ですが、細くて硬いものでひたすら塗っていくので
手首を痛める方が多いようです。


と考えた時に、水彩画は油絵ほど準備や片づけが面倒ではありませんし、
日本画ほど絵の具も高くありません。

さらに筆を使うので気持ちよく塗っていくことができます。

あの淡い色彩も、大人には味があってウケが良いようです。


ですから、ぜひ趣味で絵を描くのなら、水彩画がオススメなんです。




とはいえ、同じ描くのなら上手に描きたいものです。

描いても描いても下手くそだと、余計にストレスが溜まりそうです。

そこで、オススメしたいのが、今回ご紹介する講座です。



DVDを見て水彩画の描き方を学べます。

全く初めてでも、道具の揃え方や、最初の準備の仕方など、
初歩の初歩から、すべて映像で解説してくれます。

細かい文字を読みたくない、という方にはピッタリです。

ですから、今、受講者数がグングン伸びているそうです。

実際に受講された方は、

絵心がなかったけれども、素敵な絵が描けるようになった、

と大満足だそうですよ。

ぜひあなたも素敵な水彩画を描いてみませんか?



しかも、今だけプレゼントキャンペーンを実施中です。

最初の絵で使うお試し絵の具や、塗り絵が楽しくなる下絵がついてきたり。

プレゼントが色々あるようです。

詳しくは、ホームページからご確認ください。



ただし、このプレゼントは、

2017年2月7日(火)19時まで。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


詳しい内容と特典の受け取り方法は今すぐこちら
↓↓↓↓↓↓

【水彩画3弾セット】「プロ直伝!いきなり上手に描ける水彩画講座」3弾セット






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。